明日もきっと、はなまる日和

子育ての事を中心に、アクセサリー作りやおまけで日々の出来事も書いてます♪

マツコの知らない世界スペシャル「ちくわぶの世界」

5月28日(火)の20時~TBS系で「マツコの知らない世界 東京を感じる2時間スペシャル」が放送されました。

テーマは「タピオカの世界」「東京展望スポットの世界」そして私の大好きな「ちくわぶの世界」でした!

スペシャルではタピオカ、東京展望スポットの世界も紹介されていたのですが、ここでは私が好きな「ちくわぶの世界」についてだけ書きたいと思います (*^^*)

しかも、2時間スペシャルの一番最初が「ちくわぶ」。
TBS、攻めてます (O.O;)

ちくわぶ」の食材としての可能性を全国に広めたい!という主婦の丸山晶代さんという方が登場。

丸山さんいわく「ちくわぶは、東京ローカルフードなんです!」

マツコさん、序盤はテンションあまり上がっとりません…。

ちくわぶの地位向上のため?に、おでん以外にも色々な料理に活用できますよ!という点をアピール。

ちくわぶ大好きな私ですが、実は私もおでんでしか食べません。

ちくわぶを魚の練り物だと思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、ちくわぶは小麦粉をこねて茹でたモノです☆

これは私も今回、初めて知ったんですけど「ちくわぶ」とは「ちくわの形をしたお麩」という意味なんだそうです (O.O;)

お麩……はぁ~~~知らなんだ。。。

浅草で精進料理のお店が流行っていた時期があって、こんにゃく屋さんが副業として精進料理に使っていた生麩をヒントにして作られたものが「ちくわぶ」だったそうなんです。

あれ、でも今のちくわぶって生麩感あまりないような…。

マツコさんも「もうちょっと生麩感を出していたら、変わってたかも…。」と。

うん、確かに、確かに。

だって、今のちくわぶの食感は生麩からはかなり遠いような気がしますもんね… (^_^;)

でも、丸山さんによると最初の頃のちくわぶは生麩に近かったそうで。

あれ…?どこでどうなって今のちくわぶになっちゃったのかしら。。。

ちなみに、ちくわぶを漢字で書くと「竹輪麩」だそうです。

ちくわぶは元々、ちくわの形をしたお麩。
竹輪+麩で竹輪麩(ちくわぶ)と書く。

…っていうか、そのまんまじゃないかぁーーーい!!!

ちくわぶ好きな私も知らなかったことが色々あって、ふむふむ…と感心しまくり。

そんなちくわぶ普及に頑張っていらっしゃる丸山さん、ちくわぶのマイナー感を脱却できるようなレシピを紹介してくれました。

私も好きと言いながら、おでんでしか食べてこなかったので、ちくわぶ活用レシピってどんなのがあるのかな~…って期待して見ていました!

たけど、出てきたレシピが揚げたり、焼いたり、チーズのっけたり……。

はたまた、きな粉&黒蜜をかけたり、揚げて卵でとじたり、ちくわぶカヌレを作ったり。。。

食材置き換えレシピ的な感じでした (^_^;)

あらら。。。

ありきたりと言ってしまえばそうなのですが、それでもおでんでしか食べてこなかった私からしたらレシピを考えていらっしゃるってだけで、素晴らしいなと思います☆☆☆

きな粉&黒蜜は普通に美味しそうだったので、これは作ってみようかなと思いました。

私も何かレシピ考えてみようかしら… (*^^*)