明日もきっと、はなまる日和

子育ての事を中心に、アクセサリー作りやおまけで日々の出来事も書いてます♪

【小学校・入学前⑥】イスに座る習慣

幼稚園や保育園では遊び中心だった生活が、小学生からは「勉強」が主になります。

小学校の授業時間は1回45分。

そうです、この45分間はイスに座っていないといけないんです。。。

授業がつまらないな~と思っても、勉強が分からなくても、勝手に席を立ったり歩き回ったりしたら注意されます。

今までイスに座る習慣が余りなかったお子さんにとって、45分間じっと座って話を聞くというのは、実はなかなか大変だったりします。

子供の集中力は長くは続きません。

途中でつまらなって筆箱をいじったり、机に突っ伏したり、椅子に寄りかかってガタンガタン動かしたり、近くの子とおしゃべりを始めたり…。

座っている事が苦痛になってしまうと、授業そのものも嫌になってしまう可能性もあります。

そんな事にならない為に、幼稚園の頃から机に向かって(椅子に座って)何かをするという時間を設けてみてはいかがでしょうか?

最初は5分くらいの短い時間からで構わないと思います。

就学前から出来るお勉強ドリルやプリントをやったり、絵本を読んだり、お絵描きをしたり、折り紙で遊んだり。5分間はあっという間です。

短い時間から始めて、椅子に座っている時間を少しずつ延ばしていってみて下さいね (^_^)