明日もきっと、はなまる日和

子育ての事を中心に、アクセサリー作りやおまけで日々の出来事も書いてます♪

【小学校・入学前⑩】その他・生活

小学生になる前に、なるべく出来るようになっておいた方が良いこと、必要な物について色々と書いてきましたが、1年間小学校生活を送ってみて他に気付いたことを書いてみたいと思います。

 

【学校の準備を自分でも出きるように】

最初のうちはお子さんと一緒に必要な物を確認しながら翌日の支度を手伝ってあげて下さい(*^^*)

慣れてきたらお子さん自身にやらせるのが良いと思いますが、それでも最終チェックは親がしてあげると安心です。

我が家も今は娘が1人で支度をするようになりましたが、最後に私が確認するようにしています。宿題で使った消しゴムを筆箱にしまい忘れたり、宿題カードを出しっぱなしにしていたり…だいたい何か忘れている事があったりするので・・・ (^_^メ)

 

【学校からの手紙を確認する】

幼稚園の時は送り迎えがあるので、分からない事を先生に直接聞いたり相談できたりしましたが、小学生になると学校からのお知らせは持ち帰ってくる手紙で確認する事になります。

また、こちらから何か相談したい事などがあったら、まずは連絡帳に書きます。

提出物や学校に持って行く物はお手紙で知らせてくれるので、お子さんが学校から帰ってきたら「今日は手紙ある?」と確認してみると良いかと思います。まれにランドセルの中に入ったまま出し忘れることもあるので、さりげなく確認してみた方が良いかもしれません。

翌朝になって「手紙まだあった~」みたいにランドセルのポケットから出てくることもあったり、なかったり・・・。

また、小学校では殆どの学校で風邪などで休む場合は連絡帳に書いて兄弟か近所のお友達に持って行ってもらう形になります。近くに頼めるお友達がいない時は親が学校まで連絡帳を持って行くのも大丈夫です。基本的に電話での欠席連絡はしません。この辺のことも入学説明会でお話があると思います。

 

【傘を自分でたためるようにする】

幼稚園までは親が送り迎えをするので、親や先生が傘をたたんであげることもあったかもしれませんが、小学生になると雨の日は自分で傘を畳まないといけません。

長い傘だけでなく、天気が怪しい時などのために折り畳み傘を持っておいた方が良いかと思います。

折りたたみ傘は長い傘に比べて畳みにくいので、いざと言う時に自分で出来るように事前に練習しておいた方が良いかと思います。

最近は子供でも畳みやすい傘も売っていますので、安全面などと合わせてお子さんに合った傘を探しておくのもオススメです。

 

【和式トイレに入れるようにする】

学校によって和式トイレがある・なしは様々ですが、学校行事で校外に行った時に、例えば公園などで和式トイレしか空いてない場合がないとも限りません。

最近は和式トイレしかない公共施設は少ないとは思いますが、万が一の時を考えて和式トイレも使えるように練習をしておくのも良いかと思います。

色々と書いてきましたが、地域や学校によって必要な物、やっておいた方が良いことに違いがあるかと思いますので、参考の1つ程度に読んでいただけたら嬉しいです。

また、何か気付いたことがあったら追記していきたいと思いますm(._.)m