明日もきっと、はなまる日和

子育ての事を中心に、アクセサリー作りやおまけで日々の出来事も書いてます♪

夏休みの思い出2020(カボチャを育て始める)

今年の夏休みはいつもより短い期間でした。
新型コロナの感染拡大の影響で、せっかくの夏休みも思うように外出もできませんでした。

 

そんな中で、休校中に自宅で始めることになった新学年の学習ですが、小学3年生から始まった理科の授業の内容の1つとして学校から配布された勉強プリントなどと一緒にヒマワリとホウセンカの種をもらいました。

植物の種や成長についての学習が終わった5月くらいに鉢植えに種を蒔いて育て始めたのですが、実際に自分で蒔いた種から芽が出て葉っぱ(娘が自慢する覚えたての言葉”子葉(しよう)”)が最初に出てきて、教科書に載っている写真やネットの学習用動画で見たのと同じように少しずつ葉が増えてながら大きくなっていく様子を直に見ることで、植物を育てるという事にほんの少しだけ興味を持ったようでした。

休校中に私が夕食を作っている時に手伝ってもらう事が時々あったのですが、その時にピーマンとカボチャの種を見て「これも土に植えたら芽が出てくるの?」と聞いてきました。

「上手くいけば出てくるかもしれないよ」と私が言うと、植えてみたくなったようでした。

その後、学校や習い事が再開されてからは休校中の遅れを取り戻すために時間的にも少し忙しくなってきたので、種を蒔くことを忘れていたのですが夏休みに入ってすぐくらいにキッチンに置いてある種を見つけて「これ、植えようよ」と言い出しました。

料理の時にピーマンとカボチャの種を少し残して乾燥させて取っておいたのですが、2つとも植えてみようという事になりました。

実際に料理で使った野菜の種を残しておいて土に蒔くということなので、「必ず芽が出るわけじゃないんだよ。もしかしたら芽が出ない可能性もあるからね!」ということを念押しした上で種を蒔きました。

しかし、運よくカボチャの種から芽が出てくれました。

f:id:usa87mama:20200828152446j:plain

f:id:usa87mama:20200828152509j:plain

芽が出るまでは小さいカップで育てていたのですが、ある程度大きくなったので土を買ってきて別の鉢植えに植え替えることにしました。

 

カボチャはトマトやキュウリとかと違って縦に伸びていくのではなく土にはうように横にツルを伸ばしていくので、ベランダ栽培では限界があります。

残念ながら我が家には横に長い鉢植えがなかったので、家にある使っていない鉢の中で横に伸びても頑張れば大丈夫そうな鉢を選んで植え替えました。

f:id:usa87mama:20200828152742j:plain

丸くなった部分が3つある変わった形の鉢植えなのですが・・・元々はイチゴの苗を3か所にそれぞれ植えて育てられるようにという事でだいぶ前に買った鉢です。

1ヶ所余ったので残っているカボチャの種を直に植えてみたのですが、今だに芽が出てきてないので上手く発芽しなかったのだと思います (^_^;)

カボチャのツルは成長していくと結構伸びていくみたいなので、本当はこの鉢の真ん中部分に1つだけ植え替えて育てていきたかったのですが、娘が芽が出た2つともここに植えて育てていきたいと言ったので、このままでいくことにしました。。。

 

今のところ、少しずつですが順調に葉っぱが増えていってくれています。

f:id:usa87mama:20200828153218j:plain

f:id:usa87mama:20200828153240j:plain

ただ、本来はカボチャの種まきは春先にやるのが普通みたいなので8月に入ってすぐに蒔いたのはかなり遅いです・・・。

仮に育っていってくれたとしても、秋の収穫時期には間に合わない可能性が高いです。

でも、ヒマワリやホウセンカと同様に自分で水やりをして成長過程を自分の目で見ながら観察していけるので、それだけでも理科の学習の一環と思えばいい経験かな・・・と思っています。

実は、過去に一度まだ娘が生まれる前の話ですが今回と同じように料理で使ったカボチャの種を植えて育てたことがあります。

その時もスーパーで売っている普通のカボチャの種でしたが、何となくいい感じに育っていってくれて小さいミニカボチャくらいのサイズのものが出来ました。

ベランダ栽培なので、そんなに大きな鉢植えを用意することが出来ずで正直期待は全然していなかったのですが、小さい実が出来た時は何気に嬉しかったのを覚えています。

今回蒔いた種がその時と同じように上手く育っていってくれるかは分かりませんが、小さいサイズのカボチャでも当時の私が感じた嬉しい気持ちを娘にも味あわせてあげられたらなと思っています☆彡

上手く育ってくれると良いのですが・・・ 過度に期待せずに、上手くいけばラッキー☆くらいの気軽な気持ちで育てていってほしいです (#^.^#)