明日もきっと、はなまる日和

子育ての事を中心に、アクセサリー作りやおまけで日々の出来事も書いてます♪

【小学校・入学前③】おはなしひらがな・おはなしカタカナ

小学校の国語の授業は「ひらがな」を書くことから始まります。

 

一方、カタカナは娘の学校ではひらがなの後に習いましたが、ひらがなの時に比べると学習時間がちょっと短かったような気がします。

 

もちろん、毎日の宿題でカタカナのプリントも出ていたので苦手だったカタカナ練習もちゃんと出来ましたが、ひらがなは毎日1文字ずつ学んだのに対し、カタカナは1日に何文字かまとめてやってました。

 

娘はカタカナがちょっと苦手でした。
幼稚園の頃は絵本などのカタカナは読めたけど、いざ書こうとすると「えーーーっと、何だっけ…?」みたいな感じで一覧表を見ながら書いたりしてました。

 

お友達やおじいちゃん・おばあちゃんへの手紙がひらがな中心で書けてしまっていたので、幼稚園の頃はそんなにカタカナに重きをおいていなかったんです(今となっては、ちょっと反省・・・)。

 

一覧表を見ながら文字を書く練習をしていると、字のキレイさは別として、それなりに書けるようにはなっていきます。

でも、いざ単語や簡単な文章を書こうとすると「え~~~っと・・・」と一瞬、考えたりして書けない文字がありました。。。

 

これじゃあ、文字を書く練習をした意味がないじゃん!と思って、プリンセスのひらがな練習ドリルをしばらくやった後に「おはなしひらがな」「おはなしカタカナ」というドリルを買いました。

このドリルは「赤ずきん」や「かさ地蔵」「マッチ売りの少女」「幸福の王子」「シンデレラ」などのお話に沿って、ひらがなとカタカナを書く練習が出来ます。

お話を読みつつ、書く練習も出来るという一石二鳥なドリルです☆☆☆

実家に行った時に新聞にこのドリルの広告が出ていたのを偶然見つけて、「おぉ~~!」っと思ってすぐに買いました。

娘が知ってるお話がいっぱいあったので、プリンセスのひらがなドリルの時みたいに、食い付きが良かったです。

このドリルもデータ化してあるので、今でもたまに印刷して~と言ってくる事があります♬