明日もきっと、はなまる日和

子育ての事を中心に、アクセサリー作りやおまけで日々の出来事も書いてます♪

【小学校・入学前①】なるべくなら出来ておいた方が良いこと

小学校に入学するまでに、出来ておいた方が良いことについて。

小学生になると【勉強】が始まります。

幼稚園だと年長クラスになった頃から
「うちの子、小学校で大丈夫かな…。」
「勉強はちゃんとついていけるのかしら…」
などなど、小学校への入学が近づいてくると、そんな事を考える
ことが増えてきたり…。

私も、そうでした。
うちはひとりっ子なので、私にとっても初めての事ばかりです。

娘はちゃんと先生の話を聞けるのかな…。
授業はついていけるのかな…。

幼稚園やお友達のママ達と小学校の話になると、心配ばかりが頭の中を
グルグル、グルグルしてました(@_@)

そんな中で、勉強に関しては、

【1】ひらがなの読み書きが出来る。自分の名前をひらがなで書ける。
【2】数字を1~10(可能なら30~50くらいまで?)まで読み書き出来る。

↑この2つは小学生になる前に出来ておいた方が困らないのではないかと思います。


小学校では国語は【ひらがな】から、算数は【10までのかずの数え方】から
勉強がスタートします。

娘の小学校では、入学式の時に国語や算数、音楽、社会などの教科書が配布されたので、
それに関しては私が名前を書きました。

ただ、補助教材などが後日、授業で配られる教科もあったようで…。
また、国語と算数のノートは最初の1冊目を学校で一括購入して配布してくれました。

このように、学校の授業で教科書やノートを配布された時は、その場で子供達が
自分で教科書やノートに名前を書く事になります。

そんな時に自分の名前を書けないと困るので、入学前にひらがなの読み書きと
自分の名前をひらがなで書けるようにしておけると良いかなと思います。

また、1年生の算数では最終的に100までの数と計算までを習います。
入学してから自分のクラスや出席番号が読み書き出来ないと何かと不便になるかと
思うので、入学前までに数字については1~10まで、可能なら30~50までの数の
読み書きが出来ていると安心かもしれません。

今のご時世、赤ちゃんの頃から通える幼児教室や、公文、学研、通信教育、
市販の勉強ドリル、無料でダウンロードできる問題プリントなど「お勉強」が
できる環境が色々とあります。

私も教材によって、これは娘に合うかな、これはちょっと合わないかも…と
幾つか試してみて色々感じたりしたので、お子さんに合ったやり方で楽しく
学んでいただければと思います☆☆☆