明日もきっと、はなまる日和

子育ては嬉しい事も悩み事もいっぱい。子供と一緒に親としても成長したい子育て日記です

福音館書店「バルバルさん 今日はこどもデー」

数々の絵本の出版で有名な福音館書店では「こどものとも」という子供の年齢に合わせた絵本を毎月定期購読できるシリーズがあります。

 

福音館書店こどものとも」シリーズ

娘が通っている幼稚園でも保育料金の中に絵本代が含まれているので、毎月この「こどものとも」シリーズの絵本が配布されます。 

 

こどものとも」シリーズは冊子のような薄さの絵本なので、子供にも読みやすい長さだと思います。

 

福音館書店で扱っている絵本で有名な本と言えば「おおきなかぶ」や「ぐりとぐら」、「だるまちゃんとてんぐちゃん」「きんぎょがにげた」「はじめてのおつかい」などなど・・・あげたらキリがない位ありますね(*´艸`*)

 

娘は毎月配布されるこの絵本たちが好きで、前は持ち帰ると私に読んで!と言ってましたが最近は自分で読むようになりました。

 

お気に入りの絵本「バルバルさん」

そんな娘も最近のお気に入りは「バルバルさん 今日はこどもデー」という絵本です。

バルバルさん こどものとも絵本 / 乾栄里子 【絵本】

価格: 972円
(2017/05/30 22:59時点 )

感想:0件

 内容はいたってシンプルで、バルバルさんの床屋に子供のお客様が髪の毛を切ってもらいにやってきます。人間の子供、羊の子供、馬の子供。今日は子供デーなのでお客様はみんな子供ばかりです。

 

ちなみに、娘はこのバルバルさんを「おかっぱのおばさん」だと思っています。

私は男性だと思っているんですけどね・・・実際のとこ性別がどちらかは不明です。

この絵本を読むと、必ずそんなどうでもいい話が娘と私との間で始まります。。。

 

絵本選びってなかなか難しいんですよね・・・。

色々な絵本を買ってあげたいけど、どんな絵本が良いのか今ひとつ分からない。

私もずっと思ってました。

今までも私が面白そうだなと思って買った絵本が娘にはそれほどではなかったり。その逆もあったり。。。

 

定期購読のメリットとデメリット

誰もが知っているような有名な絵本だったら良いですけど、それ以外でどんな絵本を選べば良いのかな???なんて悩んでしまう時は、このような定期購読で毎月1冊ずつ絵本が届くようなシステムを利用してみるのも良いかもしれません。

 

ただ、それも親が選んで買うのと同様に子供が好む本、好まない本が出てきてしまう可能性が出るのが実際のとこだったりします。

そこが定期購読を選ぶ時の難点でもあったりしますが・・・絵本選びは、いつになっても悩むところであります。

 

広告を非表示にする