明日もきっと、はなまる日和

子育ては嬉しい事も悩み事もいっぱい。子供と一緒に親としても成長したい子育て日記です

100玉そろばん

 今日は習い事が今年度最後の授業でした。

ちょっとしんみり気分です・・・。

こんばんは、はなママです。

 

娘のはなちゃんに「100玉そろばん」という物を買いました。

つい最近ですが、無料で印刷できる練習プリントでひらがなの練習と平行して数字を書いたり、公文や学研などの4才前後の子供向きの数字の問題冊子を少しずつ始めるようになりました。

 

でも、1、2、3、4・・・と数を順番に言えるけど、「8」という数が「5と3のかたまり」、「5」は「1と4のかたまり」という感じで認識するという点では、娘のはなちゃんはまだまだ理解できていません。

 

そういう数のかたまりを認識できるようになるのに「そろばん」が良いと聞きました。

(もちろん他にも良い物はあると思います)

 

初めは一般的な普通のそろばんを買おうかと思ったんですが、数の概念もさほど解ってない娘のはなちゃんにいきなりそろばんを与えてもきっと訳がわからないだろうし、私もそろばんをやってこなかったのでちゃんと教えてあげられない。

 

という事で、数がまだまだ解らない小さい子供が遊びの中で数を学べる知育教材の1つ「100玉そろばん」を買うことにしました。

 

そもそも私も「100玉そろばん」というのを詳しく知らなかったんですが・・・。

病院に置いてあって「何だろう?これ・・」と思ったくらい知識がなかったです。

 

ちなみに今回買った「100玉そろばん(VOILA レインボーアバカス)」です。

f:id:usa87mama:20160322202511j:plain

ご覧の通り普通のそろばんとは形が違います。

「100玉そろばん」は1列に10個の玉が並び、それが縦に10列あって合計100玉になります。

各列ごとに色が違っていて、玉の色も原色で鮮やかです。

 

右→左、左→右へと玉を動かしたり数をかぞえたり、指先を動かすので脳の活性化を促すという点で知育教材としてすすめられているのかな・・・?

 

こういう形のそろばんは100玉以外にも10玉、30玉と何種類かあり色々なメーカーから発売されているようです。

 

普通のそろばんを始める前段階といった感じなのかな・・・?

 

届いた100玉そろばんを見た娘のはなちゃんは喜んでくれてます。

 

製品は色々あって、大きさも様々です。

テーブルの上に置けるサイズもあれば病院や幼稚園などには結構大きい100玉そろばんが置いてあったりする所もあります。

f:id:usa87mama:20160322202610j:plain

我が家が買ったのは一応テーブルにも置けますが、4才のはなちゃんと比べると案外大きい方かなと。。。

 

初めは単純に右→左、左→右へと玉を動かして遊んでいただけですが「1、2、3、4・・・」と数えながら玉を移動させたりしていってます。

 

お勉強用の練習プリントは紙(平面)上での数の理解ですが、これは立体的なので視覚と実際に指で動かす触覚とで数を覚えていけるので両面からのアプローチで、特に数の概念がまだまだ理解できてない娘のはなちゃんには良いオモチャ(教材)になってくれるのではないかなと個人的に凄く期待しています☆

 

子供の成長に色んな焦りを感じて、またまた早く覚えて欲しさから急いで教えようとしてしまいそうな私ですが、その焦る気持ちを何とか抑えてゆっくり時間をかけてイライラせずに教えていけたらなと思ってます。

 

頑張り過ぎないように・・・頑張ります。

 

ちょっとした事でもイライラしない「まぁ、いっか」的な気持ちが持てるようになりたいです☆

 

広告を非表示にする